こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

こんにちは、朝井麗華です。
バストを美しく保つには習慣的にケアをすることが大切です。
特に大切なのが大胸筋の状態。

薄着になる機会が多い夏だからこそ、しっかりケアをしていきましょう!

大胸筋のコリが貧弱バストの原因に

これまでサロンでたくさんの方々のケアをさせていただいてきましたが、
老若男女関係なく、ほぼ100%の方の胸はガチガチに凝っていました。

ここで意味する胸というのは、バストの膨らみではなく、
それがのっている土台の筋肉、つまり大胸筋のことです。

大胸筋は鎖骨のすぐ下にあり、脇からみぞおちまでを覆うとても大きな筋肉です。

この大胸筋が凝り固まっている方が本当に多いんです。
というのも、皆さん胸の筋肉を動かさないから。
体幹を使えていない、という言い方でもよいでしょう。

私たちの普段の生活は、パソコンを叩いたりスマホをいじったりと「指先」「手先」がメイン。
本来なら腕を動かすときに大胸筋も同時に動きますが、手指だけを動かすことにすっかり慣れきっているのです。


ふっくら筋肉がハリを生む

使わないことで、サボることを覚えた大胸筋は固まり縮こまり、何ひとついいことはありません。
もちろん血液や酸素のめぐりも悪くなります。

土台である大胸筋が貧弱になれば、その上にあるバストだって垂れたり削げたりします。
バストを整えるには、膨らみそのものではなく土台である大胸筋にこそ働きかけるべきなのです。

大胸筋のコリをほぐし、柔らかくふっくらとした状態へと導くこと。
そうすれば呼吸も深くなりますし、バストも本来のハリやツヤを取り戻せるのです。


土台を整えふっくらバストに!大胸筋をほぐす『バストくるくる』

土台となる筋肉に効かせるイメージで、圧をかけて行いましょう!

1. 片側の手でバストの下部を支え、マッサージ時にバストが無駄に動かないようにします。

2. 逆側の手で、バストの上側に円を描くようにくるくると内側回転しつつマッサージします。
指先でしっかり圧をかけるましょう。
※こりがひどい人なら多少痛みを感じるかもしれません。

3. 逆側も同様に行います。バストの下側は動かないように支えて、上側の緊張をほぐしましょう。


point

表面をするするとなでるだけでは、
大胸筋に届かないので肩コリと同じ種類のコリだと意識しましょう。
土台の筋肉の硬さを指先に感じながら、イタ気持ちいいくらいの圧をしっかりかけてください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。