こんにちは!
美的ココ編集部です。


乳首が時々すごくかゆくなる時ってありませんか?

とてもかゆいけど人前で掻くのは恥ずかしいし、ちょっと腕を使って人にバレないようにそれとなく擦ってみるけどやっぱり我慢できない!

しかも掻きむしると悪化してしまうんですよね。

✔カサカサになる
✔皮が剥けそうになる
✔粉をふくときがある
✔さらにかゆくなる
✔血がにじんで痛くなる
✔いつの間にか色が濃くなっている

しかもデリケートな場所だから、恥ずかしくて家族や友だちには話しにくいですよね。

そのかゆみの原因は、乾燥摩擦が関係しています。

放っておくと『黒い干しブドウ乳首』になってしまうので注意が必要ですよ!!

ここではかゆみの原因かゆい乳首が黒くなる理由解消方法を紹介していきます。

乳首がかゆくなる原因は?

バストはお肌の中で敏感な部分ですが、特に乳首はデリケートで乾燥しやすいところです。

『乾燥』『摩擦』といった刺激によってかゆみが生じてしまいます。

では、かゆみの元である乾燥と摩擦の主な原因はいったい何なのか見てみましょう。

ブラジャー

乳首の乾燥・摩擦の大きな原因はここにあります。

胸は太ももや二の腕よりもずっと柔らかくふくらみがあるので、カラダの中で一番揺れやすい部分です。

自分の胸よりも小さいブラ大きいブラを着用していると、カラダを動かすたびにブラがズレ動き、乳首が擦れて刺激に。

また、布でお肌が擦れる動作は『布でお肌を拭いている』ことと同じ。

お肌の水分が布に吸収され、カラカラに乾いてしまいます。

1日中乳首を刺激し続けているのでかゆみが出やすく、特に乳首が黒くなっている可能性があるんです。

かゆみ・黒ずみを解消するには動いてもズレない、自分にピッタリサイズのブラジャーを着用するようにしましょう。

綿100%だと通気性も良く蒸れないので、更にかゆみにくくなりますよ。

⇒まずは正しい測り方で自分のバストサイズを知りましょう!


入浴

お風呂にも刺激する要素が隠れています。

以下の3つがNG行為です。


・お湯の温度が40度以上
・ゴシゴシ洗いをしている
・入浴後は水を拭いた後すぐに服を着る



高い温度のお湯を浴びると、お肌に保持されている保湿成分が溶け出してしまいます。

また、長時間お風呂に浸かることも避けましょう。

ボディタオルで強く洗うとお肌が傷つきガサガサに。

治りかけの怪我がかゆいように、擦り過ぎたお肌はかゆくなるので気を付けてくださいね。

温められた水は冷たい空気にさらされるとすぐに蒸発してしまうので、入浴後は早急にケアをしないとお肌の水分が空気中に奪われてしまうんですよ。

入浴後はタオルで水を軽く拭き取ったら、急いで保湿し服を着用しましょう。


敏感肌

刺激に異常に反応してしまう敏感肌は、普通のお肌なら気にならない刺激も『攻撃された』と思ってしまいます。

ボディーソープや洗濯洗剤や柔軟剤などでも過敏に反応してしまう場合があるので、自分に合ったものを使用するようにしましょう。

また、暑くなると敏感肌はかゆくなりやすい傾向にあります。

なるべくカラダが熱くなるような食べ物を避けるとさらに良いですよ◎


ホルモンバランス

生理・妊娠などによって女性のホルモンバランスは乱れやすいです。

特に生理中と妊娠中はお肌が乾燥しやすく、お肌を守るチカラも弱くなってしまいます。

そのため、乾燥でカサカサになるだけではなく、吹き出もの・かゆみ・赤みにも繋がってしまうんです。

また、かゆいからといって擦ってしまうと、バリアのチカラが弱まっているお肌は強いダメージを受けてしまうかもしれません。
念入りに保湿ケアで乳首に潤いを与えて、かゆみを抑えるようにしましょう。


病気

保湿してもかゆみがなかなか治らないという場合は、病気の可能性があります。

乳腺が炎症を起こしていたり、皮膚炎やアトピーということもあるので、疑いがある際は速やかに『乳腺外科』のお医者さんへ相談してくださいね。


要注意!かゆい乳首は他の人より真っ黒⁈

そもそもどうして乳首は全身の中でも濃い色をしているのでしょうか?

それは、洋服を着て擦れてしまうデリケートな乳首自身を守っているからです。


皮膚は外部から刺激を受けると、メラニン色素を作ってお肌の細胞を守っています。

メラニン色素が肌トラブルを防ぐために与えられた刺激に反応して、皮膚を強化しているんです。

日焼けでお肌が茶色く焼けるのも、紫外線からお肌を守り皮膚ガンになるのを防ぐため。

唇の色が違うのも、私たちが冷たい物・熱い物を食べ飲みするために皮膚が強化されているせいなんです。


また、お肌は十分な潤いがあることでバリアの機能を果たしています。

乾燥してカラカラになるとその機能は失われ、外部からの刺激に無防備な状態に。

少しの刺激でかゆくなってしまうんです!

刺激されたお肌はメラニン色素を作って皮膚を強化し黒ずみます。

かゆみで掻くと更にかゆくなってしまいますよね。

掻いて刺激されたお肌がメラニン色素を作って、もっと皮膚を強化し黒ずみが濃くなっていき悪循環に……。


つまり、洋服やブラで常に刺激され乾燥してかゆみを持った乳首は、メラニン色素を重ねた真っ黒乳首になっているかもしれないんです!

だから『かゆみ』『黒ずみ』がないストレスフリーなお肌になるには、しっかり保湿してあげることが大切なんですよ!

乳首ケアには医薬部外化粧品がオススメ!

デリケートな場所に塗るものは信用ができるものを使いたいですよね。

また、すでに黒ずんでいる部分の美白ケアもしたいですね。

そこでオススメなのが、『医薬部外品』または『薬用化粧品』と書かれた美白クリーム・ジェルです♪


医薬部外品(薬用化粧品)は、厚生労働省に承認されている有効成分を配合しているので安心して使うことができます。

医薬部外品や薬用化粧品と書かれた美白クリーム・ジェルの中でも、乳首専用だとなお良し◎

乳首専用でつくられているものは、デリケートなところにも使えるほどお肌に優しいんです!
ぜひ探してみてくださいね。

⇒かゆみ・美白ケアできる乳首専用の医薬部外品を見てみたい方こちらは

かゆい乳首の解消方法まとめ

乳首がかゆい!そんな時は以下のNG行為の中で当てはまるものを確認し、一つずつ対処していくようにしましょう。

□動くとブラがズレる
 正しい測り方で改めてバストサイズを知り、あなたにピッタリなブラを着用しましょう。
 ⇒バストの正しい測り方はこちら


□お風呂の温度が40度以上/お湯に20分以上浸かっている
 温度は38度前後に調節し、お湯に浸かるのは10分以内にすると良いですよ◎


□バストをゴシゴシ洗う
 泡を使って撫でるように手で洗いましょう。
 窪みで落ちない汚れは、綿棒にオイルをしみこませて優しく撫でてくださいね。


□入浴後はカラダを拭いたらすぐに服を着る
 入浴後はすぐに、医薬部外品の乳首専用美白クリームで保湿&美白ケアをしましょう。
 ⇒乳首専用の医薬部外品を知りたい方はこちら


□敏感肌だけど洗濯洗剤・柔軟剤・ボディーソープは気にしていない
 肌に直接触れるものは、敏感肌用につくられた赤ちゃんにも使えるものを選びましょう。


□保湿ケアを全くしていない
 特に生理中や妊娠中は、医療部外化粧品の乳首専用美白クリームでケアするように心掛けましょう。


□病気を疑っているけど病院へ行っていない
 後に残る病気もあるので、速やかに乳腺外科を受診するようにしましょう。

かゆくなった時の対処方法

どうしても乳首がかゆい時ってありますよね。

でも爪で掻いてしまうと、皮膚が傷ついて防衛反応でメラニン色素が作られ黒ずみになってしまうので、掻くのはガマンしたいですよね。

また、かゆくて掻くと尚更かゆくなってしまいますよ。


乳首がかゆくて仕方ない時は、冷やしてあげるとかゆみが治まります。

冷たい水でタオルを濡らして絞って当ててあげるようにしましょう。

かゆみが治ったら、乳首に保湿クリームを塗ってあげるようにしてくださいね。

まずは毎日の保湿ケアを!

かゆくならない乳首をつくるには、乾燥させないことが大切です。

入浴後にカラダを拭いたら、まずは保湿ケアを欠かさず行いましょう。

かゆい乳首は刺激で何度もメラニン色素を作り黒ずんでいるため、他の人よりも黒い乳首になっているかもしれません。

便利な保湿もできて美白もできる乳首専用のクリームやジェルで毎日ケアし、気にならない乳首をつくっていきましょう。



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
美的ココ編集部

美的ココ編集部

株式会社FORDELソリューションズのCRMチームが記事を投稿しています!