こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

婚約指輪=エンゲージリング
永遠の愛の誓い、約束を表すもの。

婚約指輪は男性から女性ヘプロポーズする際に渡す、とても重要な指輪になります。

ダイヤモンドに対する女性の憧れは古代からDNAに刻まれています。
国によっては家や車よりも優先順位が高いことがありますが、残念ながら日本の男性にはダイヤモンドを贈れる甲斐性がないのが現状です。

計画的に婚約指輪を購入することは現在の心のゆとりや経済状況に安心できるーつの証明にもなり得ます。

父親からすればたっぷりの愛情とお金をかけ育てた愛娘が嫁ぐなかで、この男なら安心して任せられると判断してもらえるのは、非常に重要なことです。
きちんと順序を踏む工程そのものが、娘を大切にしてくれているという安心に繋がるのです。

この話の本質を伝えられる宝石商に出会い、導いてもらうこともとても重要なことかもしれません。

選ぶポイントは

女性が目を開いて心がおどるようなデザインにすること。

また彼女のセンスや好みを写真からでも読み取れる才能のある宝石屋さんから購入すること。
ダイヤモンドは大きさと質で選び、予算はほんの少しだけ無理をすること。

GAUDIでは男性一人のプロポーズの相談に長年乗ってきました。
女性の未来の姿を想像できるからこそデザインの提案に熱が入ります。


結婚指輪=マリッジリング
夫婦の永遠の絆を表すもの。

結婚指輪は婚約成立後に夫婦となる二人が金やプラチナの同じ指輪をします。

生まれてから死ぬまで、来世でもまたあなたに巡り会いたい。

そんな強い想いで肌身離さず身につけるものになります。
特徴は大切な結婚記念日やイニシャルなどを刻印することです。
大切なアニバーサリーをうっかり忘れることがないように。

選ぶポイントは

宝石屋さんのすすめる、売れ筋や一番人気のものを選ばないこと。

エンゲージと違って女性の好みに偏らないこと。
男性は気に入らないと絶対に身に付けません。

GAUDIのマリッジは彼が気に入っていつも着けてくれるようなデザインをオーダーします。




最後に、愛があれば何もいらないかもしれません。

しかし、数十年後の未来の奥様たちは皆口を揃えて同じことを言います。
ダイヤモンドの指輪が欲しかった』と。
いつか必ず買ってやる、
そう言って私の元に約束をして戻って来られる男性もいますが、残念ながら0.1%未満です。

一生に一度の大切な想いを、ダイヤモンドという神秘と奇跡の石に託してみてはいかがでしようか。



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
吉田輝夫

吉田輝夫

吉田輝夫 GAUDI代表/デザイナー 東洋思想の根本ともいえるハッカと西洋のジュエリーデザインを組み合わせたオリジナルブランドを構築。 その人の想いを表現するジュエリーを届けている。 活躍の幅は広く、メディアにも多数出演。