こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

いつも読んでいただいてあリがとうございます。
一条みすずです。

さて、今回のお題はモテ子のメール術!
モテ子さんはどんな風にメールというツールを使っているのでしょうか?
安心してください。モテ子のメール術を伝授します。笑。
是非、実践してみてくださいね。

1. できる限り早めに返信

それはズバリ!メールに気付いたら出来る限り早目に返信することでしよう!

後で返そうと思って返信しそびれることありませんか?
メールに気付いた時点で返事を作って送信!

当たり前のことですが、後回しにして返信しそびれてしまうのが一番NGなのです。
もちろん、時と場合によってはメールが来てるの分かってるけど即レス出来ない場合もありますよね。

そんな時は遅くなっても返信を忘れない!
大事な人ほど必ず返信をするように。


これは電話も同じです。
出れなかったら必ず折り返す。
またはメールで
今、電話に出れない状況なので良かったら用件をメールしていただけないでしようか。
と一報する。

誰かと食事してたり、一日中仕事で忙しかったりと何かしら返せない状況であったとしても、お手洗いくらい行くし、10時間も20時間もケータイを触れない状況はなかなか無いですね。
大切な人からの連絡の対応はバッチリするべきです。

2. 心地良く読める文面

相手が心地良く読める文面を心がけましよう。

むやみやたらにハートマークは使わず、
ここぞ!というときにハートマークを使えば相手のこころを鷲掴みです!

返信する前に一度読み直して、自分にこのメールが送られてきたら心地良く伝わるか確認をして送信します。

3. シンプルが一番

基本的にメールは用件を簡潔に、シンプルが一番です。

しっかり気持ちを伝える時は是非、会った時に直接伝えることをオススメします。
メールでは受け取り方が難しかったりします。
怒ってないのに、怒ってると受け取られたり、便利な反面、相手の表情、口調が分からないという欠点もあるのです。

遠距離恋愛等なかなか会えない状況でもメールのやりとりはとにかく相手が喜んでくれる内容をシンプルに簡潔に送るようにしましょう。

最後に、顔の見えないメールで喧嘩しないことをオススメします。
メールは残りますから、相手に対してありがとうの感謝の気持ち褒めることをメールに残すと気持ち良いものです。


上手に使って「モテ子のメール術」を自分のものにしてくださいね♪



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
一条みすず

一条みすず

一条みすず Club Jardin 長崎出身 1982年8月生まれ 獅子座 O型 趣味特技はピアノ。シングルマザー。 元々接客業の世界に従事し、接客業を極めたい想いから夜の世界に飛び込む。3ヶ月後にはNo.1の地位を確立させ、その後10年間、不動のNo.1をキープし続けている。 どうやって今の地位にたどり着いたのか、曰く、特別なことは何もしていない。 ただ、誰にでもできることを誰にもできないくらいやってきた。 当たり前のことを当たり前にやってきた結果にすぎない。と語る。 2016年3月に独立しClubジャルダンをオープン。 昼間は各種異業種交流会にも積極的に参加し、いずれの団体でも役員を務めるなど、活動的な一面を持つ。