こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

バストと同じように体型でお悩みが多いのがくびれです。

一生懸命筋トレをしたり食事制限をしたりしてもうまく行かないのは、
根本的な原因を勘違いしているからかもしれません。
今回は肋骨・胸郭の働きについてお伝えします。

肋骨の開きに要注意!

年齢を重ねるほどにアンダーバストが大きくなる」と思っていらっしゃる方もいるかもしれませんが、
これを「脂肪がつくから仕方ない」と思っているとしたら大間違い。

もちろん代謝の低下などによって多少は脂肪が増えますが、
アンダーバストのサイズが変わる主な原因は、「肋骨の開き」です。

人間はリラックスしているときは大きく息を吐き出し緊張したときには息を吸い込む性質があります。

仕事や家事、人間関係だけでもややこしいのに、さらにテレビや携帯電話が情報のシャワーを浴びせます。
こういう生活を続けていると、心身はずっと緊張しっぱなしなので胸郭の筋肉は固まり呼吸が浅くなります。
胸郭の動きも悪くなるので重力や他の部位の歪みの影響も受け、放っておくと胸郭はだんだん開いてしまうのです。

胸郭が開けば、それにつられてお腹部分も幅が出て、くびれがなくなるのは当然のこと。
開きっぱなしの胸郭は“蛇腹が伸びきったアコーディオン”みたいなものなので、新鮮な空気を取り込む力も落ちます。
さらに困るのは、横隔膜の動きが悪くなることです。

ポッコリお腹の原因はコリ固まった横隔膜!

ポッコリお腹、特に痩せているのにお腹が出ている方は、腸などの内臓下垂というケースがほとんどです。

横隔膜は胸郭の下側に横に走っている大きな筋肉なのですが、 胸郭の動きに引っ張られて上下運動をします。
これが内臓を刺激するのでまるで体内をマッサージしているかのような効果をもたらします。

ところが横隔膜の動きが弱まると、内臓の動きはにぶいまま。
こうなってしまったら、胸郭の筋肉をほぐすことが一番です!

胸郭って?
肋骨はたくさんの骨が組み合わさってできています。
骨1本1本は肋骨と呼びますが、これが集まって心臓や肺を守っており、全体を胸郭と呼びます。
胸郭が膨らんだり縮んだりする動きに合わせて、肺が大きくなったり小さくなったりします。
この肺の動きで、新鮮な空気を取り込んだりいらなくなった空気を吐き出すわけです。

せっせと腹筋もいいですが、胸郭や横隔膜にも意識を向けてみましょう!

バストもくびれも整える『肋骨ほぐし』でくびれ美人

深く息を吐きながら、リラックスしてやってみましょう!

1.片方の手指を揃え、逆サイドの脇の肉をバスト側に集める。

2.もう片方の手をグーにして、第二関節の骨でわきからバストトップへ圧をかけながらさする

3.支えていたパーの手がバストトップまできたらパーの手を外して1へ戻り、同様に繰り返す。
グーを当てる位置はわきの下~アンダーバストまでの胸郭全体を網羅するように当てる

point

深く息を吐きながら行いましょう。
肋間筋のコリがひどく痛く感じる人は、無理はせずイタ気持ちいいくらいの圧で行ってください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。