こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

こんにちは!朝井麗華です。

この夏は本当に暑い日が続きましたね!
体のコンディションも整えるのが大変な毎日でした。食事のペースやバランスなども崩れがちだったと思うので、しっかり正常に戻していきましょう。
さて、今回は面白い乳トレをご紹介します♪

変顔で顔も胸もアゲアゲ♪おっぱい番長の㊙ケア

変顔と乳トレ!?と思ってしまいますが、実は立派なセルフケアなんです。

顔や首の筋肉と胸の筋肉はつながっています。変顔乳トレを思いっきり行うと、首の前面全体にくっきりと筋が浮かぶのが見えるでしょう。
これは、耳の後ろから首の前面、鎖骨までをつなぐ筋肉たち。
首コリは横や後ろ側だけだと思っている方が多いですが、猫背やスマートフォンなどを見るうつむきがちの姿勢により首の前側の筋肉へもかなり負担がかかっているため、ここがこっている人が実は非常に多いのです!
コリを放置したままだったり、運動やストレッチなどもせず、首の筋肉があまり使われていなかったりすると、バストを引き上げる力も弱まります

また、首の筋肉の支点が耳の周囲や顔にあるので、顔~バストをつなぐ大事な部分であり、この部分のエクササイズをすることで効率よく顔とバスト、両方に効かせることができるのです。

いつでもどこでも出来ちゃう裏技乳トレ!さっそくやってみましょう!!

変顔乳トレ.1 イーッ!

トイレに入った時やお風呂の中、家事をしながら、寝る前ベッドに入った時など、とにかく1人になったらやるべし!!
習慣にすれば、バストの引き上げだけでなく、首コリ解消、顔のたるみやほうれい線予防にもなります。

1:真顔で、鎖骨の下に手の指先を軽く当てる。

2:唇を思いっきり真横に開いて歯を剥き出しにする。「イーッ!」と発声するイメージで、口角をめいっぱい左右に開く。(※決して歯を噛みしめないよう注意)触れていた指先で胸元の皮膚がグッと引きあがるのを感じて。(皮膚の引き上げ率が増えれば増えるほど効果倍増!)これを10秒キープ×5回。

※やり方を確認する初回は鏡を見て行い、口角が左右対称にしっかり開かれていることを確認してください。やり方やコツを覚えたら、2のみでOK!

変顔乳トレ.2 ひょっとこ顔

一気に首全面を引き上げる「イーッ!」に加え、さらに左右別々に強化する変顔乳トレ。
デコルテのボリュームの削げを予防しつつ、口元がキリっ!フェイスラインもキュッと締まる嬉しい効果も期待♪これも「イーッ!」同様、1人で過ごす時間の習慣にして。

1:真顔の状態から、口をすぼめて前に突き出し、そのまま左側に口先をぎゅっと寄せる。この時、口と一緒に首が回ってしまわない様、顔は正面を向いたままでいること。ひょっとこ顔をイメージし、これ以上口が横にいかない!と感じるまでしっかり5秒間キープしたらゆっくりと真顔に戻す。

2:右側も同様に。両側とも各5~10回ずつ行いましょう。アゴのたるみや首のシワ対策にもおすすめ。

どこでもいつでもできるので、自分のペースで地道に続けることが大事です!

変顔乳トレは、私は1人でいる間中常に行っています!あなたもぜひ「1人になったら必ずやる!」と心がけてみてください♪
外出時、トイレではもちろん、エレベーターに乗った瞬間や、ショッピングの試着室でも…(笑)。
自宅では、パソコンや家事をしながらは当たり前な日課に。もちろんこれも回数制限はないので、出来るときはなるべくたくさん行いましょう!

最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。