こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。
こんにちは!朝井麗華です。
『筋肉の緊張を解き放ち、バストを本来の位置に戻し、あるべきふっくら感を復活させる』

そんな美バストをつくるために『肩甲骨』『大胸筋』『肋骨』のケアは欠かせません。
この3つの大切なポイントを学びながら、今回は『大胸筋』『肋骨』をしっかりほぐしていきましょう!

美バストの3大ポイント

1. 肩甲骨

肩甲骨は可動域が狭くなると、胸郭(肺や心臓を守っている肋骨部分)の上側の動きがブロックされ、呼吸が浅くなります。

そして肩が前に落ちて固まっているため体の幅が大きく見え、バストを引き上げる力も無くなります。
バストをしっかり育てていくためにも、肩甲骨をしっかり動かし、ほぐしていきましよう♪

2. 大胸筋

大胸筋はバストの土台ともいうべき筋肉。
大胸筋が硬く縮んでいると、バスト全体の位置が下がり、垂れたようにも見えてしまいます。

また縮こまった大胸筋に引っ張られることで肩が落ちてしまったり、肩甲骨が前に引っ張られることで動きにくくなってしまいます。

3. 肋骨

肋骨、正確には「肋間筋」という肋骨と肋骨の間の筋肉(いわゆるバラ肉)も美バストづくりに欠かせない筋肉です。

肋間筋は別名 “呼吸筋” とも呼ばれるほど呼吸に関係する筋肉なのですが、この筋肉が硬い方が本当に多いです!
肋間筋が凝り固まった状態は “蛇腹部分の固いアコーディオン” のようなもので伸縮性に欠けるため、深い呼吸をすることができません。

また、大胸筋や肋間筋が固まっている方は背中の筋肉をはじめとする胴体全体が固まっている方が多く、その状態での胸郭(肺や心臓を守っている肋骨部分)は末広がりの形になりやすいので、バストは外側へと広がって扇平になります。
さらに言うと、呼吸はメンタルや免疫系にも関わりますので、肋骨のケアはバストのためだけでなく心身のケアとしても大事なポイントです。

1日5分でOK! 毎日やりたい、美バスト秘技 その1
大胸筋を育てる バストくるくる

1. 片側の手を、指を揃えた状態でバストの下側に添えます。
下側を支えることでバストを安定させ、靭帯へのダメージを防げます。

2. 1の逆側の手の親指を除く4本の指の腹で、バスト上部を内側からわきの下へ向かって円を描くようにマッサージします。
大胸筋のコリをほぐすイメージで、片胸につき4~5回転×10回行います。

3. 逆の胸も同様に行います。
バストの土台となる大胸筋をほぐすのが目的なので、皮膚の表面を軽くなぞるのではなく、筋肉に届くようイタ気持ちいいくらいの圧でしっかり深部に効かせます。

1日5分でOK! 毎日やりたい、美バスト秘技 その2
ふっくら柔らかい質感を生む 肋骨ほぐし

1. 片方の手指を揃え、逆サイドの脇のお肉をバスト側に集めます。

2. もう片方の手をグーにして、第ニ関節の骨をわきの下に当て、わきからバストトップへ向かってグーに圧をかけながらパーに向かってなぞります。
背中やわきに流れたお肉をバストトップに移動させるイメージで、体のサイドから中央に向かってグーをしっかり体に当て、パーと共にバストトップヘスライドさせて。

3. 支えていたパーの手がバストトップまで来たら外して、1へ戻り、同様に繰り返します。
グーの位置はわきの下~アンダーバストまでの間(肋骨がある範囲)にまんべんなく行って。
片胸30回ずつ行いましょう。

トータルで1日5分を目安に!頑張れる日は10分、忙しい日は3分でもいいので、
毎日コツコツが大事。続けるほどに、体は応えてくれますよ!
今日から毎日続けてみましょう!

理想のバスト作りには「meemake」がオススメ!

ミーメイクの強みは何といっても、圧倒的な安定感!
頼もしい脇高設計でバスト流れを防ぎ、集めたお肉を逃しません!
そしてスポーツブラには珍しい、胸のふくらみに合わせた立体構造でバストをつぶさず美形を維持。
丈夫なストレッチ性の布と太めの肩ヒモにて胸を体幹に固定し揺らしません。
背中のバッククロス仕様は楽に美姿勢・美シルエットが保てるという嬉しい機能が満載!

おまけに胸元のVカットは谷間をとっても美しく魅せてくれます。
これはやっぱり着けていてテンションも女子力も上げられるポイント♪

私が世の中のありとあらゆるスポーツブラを試しまくった結果、理想の形に出会えず…。
とうとう作っちゃいました!!そんな自信作なミーメイク、ぜひ!お試しください!!

最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
朝井麗華

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。