こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。



今年は、年頭から新型コロナウイルス騒ぎで、
まさかこんな状況になろうとは想像もしていませんでした。
55年生きていて「首都封鎖かも?」とか、紙類が買えないなど、
そんなことがあろうとは夢にも思ってませんでした。

一刻も早い終息を願うばかりです。


SARSやMERSも同じコロナウイルス!?

さてまだ先の見えない新型コロナウイルスですが、
数年前に中国で多数の死者を出したSARSや、中東で大流行したMERSも、同じコロナウイルスだということはご存知でしょうか?

SARSもMERSも日本でも流行するんじゃないか?と恐怖でしたが、2ヶ月位で終息したので、今回の新型コロナウイルスもそんなものかと、どこか他人事に考えていました。
昨年末から中国で、年が明けてから段々と感染拡大していき全世界に拡大し、オリンピックも一年延期というまさかの出来事がたくさん起こっています。


ウイルスの防御には自己免疫力を上げるのが一番

コロナ、インフルエンザなどのウイルスを防御するには、手洗いうがいマスクは基本
しっかり睡眠しっかりご飯大事です。

感染ルートは、飛沫感染空気感染接触感染、どこまでの感染力があるのかさえ、正確には未だ把握されていません。
新型コロナはどこでどうやって感染するかわからないわけですから、防ぎようが難しかったりします。

では、どうしたらいいのか?

私が思うには、自己免疫力を上げるのが1番の防御だと思います。
というか、
私自身はサロンにあるコラーゲンマシンと遠赤外線マットでからだを温め、軽い筋トレを毎日やっています。
おかげで、以前より内臓も強くなった感じがしています。

からだを冷やさないこと。
これはいつも言うことですが、とても大事なことです!

筋トレもからだの循環機能を高めてくれますが、これは誰もがやれることではないですね。
私は継続できるくらいの軽いものしかやってませんが、筋トレでなくてもストレッチとか、ラジオ体操とか、その程度のものでも良いので、からだの巡りを少しでも良くする事をやってください。

これらはコロナ対策ばかりでなく、病気をしないからだつくり、いわゆる予防医学にも繋がりますので、これを機に是非習慣づけましょう!

からだの巡りを少しでも良くすることをやってください。


今月は免疫力を上げるストレッチ

1. 仰向けに寝る
2. ヘソの上、指3本上のところに掌をのせる。
3. 軽く押して、右回りにクルクルと10回押し回す。
4. ヘソ周り12時・3時・6時・9時の方向の4ヶ所を同様にやる。

腸の周りには多くの免疫機能が集まっていますので、腸のストレッチをしてみましょう。




最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
せさき清香

せさき清香

からだ職人 せさき清香 私が『からだ職人』と呼ばれる由縁は、ただ、エステベッドに寝てるだけで、変わっていくからだ造り!にあるのです。少々痛いですが…(笑) ついでに、『からだも軽~くなった~』と言われます! ミスユニバース日本グランプリや、ミス日本吸収グランプリをはじめ、数々のミスコンテストでの入賞者のボディラインや美肌を造ってきた、『からだ職人 せさき清香』は、腕一本、オールhandで、ボディの減り張りを造ってきました。 外からのボディライン造りはプロの手に任せる!これが結果的に一番確実でローコストなんですよ。