こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

冬ハイネックに似合う宝石は?

1、無地のインナーに大振りなロングチェーン

ジュエリーをファッションのワンポイントに置くために大切なことは、インナーのデザインや模様がシンプルで無地であるということ。
お出かけする場所や内容によってインナーを黒や白、赤やグリーンなどと使い分けると良いでしょう。
ちなみに男性は平均するとタイトな白のタートルネックセーターが好みです(笑)。

ビジネスや自分の主導権が必要ときは黒だと宝石が一番映えて普段より力強い印象になります。

そんな装いに似合う宝石は、少しロングなネックレス。

だいたい55cm~60cm位の長さだと素敵ですね。
胸元に少し落としてゆとりを持たせます。

2、透かしのデザインと自分好みのモチーフ

デザインは小さなワンポイントダイヤモンドではなく、透かしの入ったデザインがインナーのカラーを映して強調されます。
薔薇やハートなど様々なモチーフがあり、近年でぬいぐるみのようなかわいらしいものまで幅広くあります。

そして冬は特に少し大きめのものが良いでしょう。

逆に若々しさを求める場合はダイヤモンドバーなどの横のラインの物を選ぶと都会的で洗練されたスタイルになります。



・インナーの模様は無地
・大振りでロングチェーン
・透かしのデザイン
・自分の大好きなモチーフ

以上を参考に、素敵なデートやビジネスを決めて周りに影響力のある輝く女性を目指してください。



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りください。

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
吉田輝夫

吉田輝夫

吉田輝夫 GAUDI代表/デザイナー 東洋思想の根本ともいえるハッカと西洋のジュエリーデザインを組み合わせたオリジナルブランドを構築。 その人の想いを表現するジュエリーを届けている。 活躍の幅は広く、メディアにも多数出演。