こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

こんにちは、朝井麗華です。
あなたは日常にバストケアの習慣を取り入れていますか?
相談に来る方には、逆に「ブスおっぱい」になる習慣を持っている方が多くいます。
ブラの付け方など、毎日のケアにもバストの形を崩す罠が。
悪い癖やマイナス要素をなくして、美バストを目指していきましょう!

「ラクだから」と選んでいませんか?

そんなに胸が大きくないから
ブラジャーをつけると苦しい
といった理由から、案外多いのがカップ付きインナー愛用者。

部屋着やヨガ用などだけでなく、日常の下着がわりにしていると言う女性もちらほら。

けれど、カップ付きインナーは百害あって一理なしなんです。

理由はまずサポート力が期待できないこと。
バストの重みを支える力が弱いので、クーパー靭帯を傷めてしまうことにもなりかねません。
また、バストが大きい方は垂れ胸を招きます。

ラクなのはわかりますが、週に1回程度の使用にしてください。


プロに定期的に測ってもらおう

ランジェリーを買うときにプロにサイズを測ってもらっていますか?

体重の増減には一喜一憂しても、案外バストサイズの計測は不定期になりがちです。
たとえ体重が変わらなくても、
年齢を重ねればお肉が柔らかくなったり、下垂したりと体には様々な変化があります。

理想を言えば3ケ月ごと、少なくとも半年に1回くらいはプロにサイズを測ってもらいましよう。

日中にブラの補整を忘れずに!

あなたは日中、何回くらいブラの位置を正していますか?

私たちの体は立体で、さまざまな動きをしますからブラがずれてきてしまうのは仕方がありません。
ただ、それを放置しておくと胸が崩れる原因となるため、日中に何度かは補整をしましょう。

トイレに行ったときに前屈みの姿勢になってカップにワキ肉を入れ込むのはおすすめです。
これを1日に数回繰り返すだけで、半年で2カップも上がった人もいるんですよ。

1日1回は自分チェックを

日本の女性は体重をとても気にします。
ただ、同じ容積なら筋肉のほうが脂肪よりも重たいもの。

体重が増えた減ったと気にするよりも、「見た目」を優先しましよう!

そのためにおすすめなのがお風呂上がりなどに裸の自分をじっくり観察すること。
1日1回はじっくり自分のヌードを眺めることを習慣にしましよう。
ボディの変化はそこから始まります!


いかがだったでしょうか?
日常生活に1つでもバストに良い習慣を取り入れてみてくださいね!



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。