こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。
さあ、暑い夏も終わりいよいよファッションの秋が始まりますね。
これまではシンプルに薄手のアイテムで良かったのに秋冬はコーディネートの幅が広がってオシャレな人と苦手な人の差が一気に広がります。
秋にはどんな風にジュエリーをコーディネートしたらよいのでしょうか?
実は、宝石には生花と違い香りがなく季節がありません。唯一の欠点とも言えますが、だからこそ万能だとも言えます。
さらに宝石には昼と夜で輝きが変わるものがあり、イベントや行事の時間帯によって実は身に着けるジュエリーやファッションを変えるのです。
パーティの文化がない日本では浸透しないので知らなくて当然ですが、困った時はダイヤモンド、そして涼しくなればパールも必須アイテムです。ここだけの話ですがカラーストーンジュエリーはダイヤモンドよりも高価なもの以外はおすすめしません。この冊子を読んでくださっている皆様は本物の輝きを放つ女性になると確信しているのでもう一度言います、ダイヤモンドよりも安価なカラーストーンジュエリーはやめましょう。

1. 自分がイメージする大きさの2ランク上のサイズを選ぶ

日本人はジュエリーを選ぶときは皆必ず小さめ小さめと、かなり控えめになってしまいます。せっかくの素敵な胸元や大胆なファッションが小さいプチネックレスで台無しになっている方ばかり。今はインスタグラムのおかげでリアルタイムに欧米の文化やファッションを見ることができますよね。ぜひ日本の雑誌ではなく世界基準のファッションを学んでみてください。

日本人のジュエリーに対する知識の少なさは我々を含む業界の大きな課題ですが、逆に言えば気付いた方から世界基準のオシャレさんにいち早くなれるということです。

2. ジュエリーにファッションを合わせる

まず洋服があってジュエリーがあるのではなく、ジュエリーにあわせてファッションをメイクするというのがワンランク上のエレガントな女性です。

まだお持ちでない方は、最初はアクセサリーでも構いませんので、ぜひこの順番でイメージを組み立ててみてください。自分がどんな世界に身を置きたいのか静かな空間で考えてみる良い機会になるでしょう。

まずはガウデイのおすすめするジュエリーの展示会に参加してみてください。
様々なカテゴリーやジャンルのジュエリーたちを知ることは品格ある女性としての喜び、成長への大きな一歩になることでしょう。


よかったらインスタグラムをフォローしてみてください。
https://www.instagram.com/gaudi_teru/?hl=ja
最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
吉田輝夫

吉田輝夫

吉田輝夫 GAUDI代表/デザイナー 東洋思想の根本ともいえるハッカと西洋のジュエリーデザインを組み合わせたオリジナルブランドを構築。 その人の想いを表現するジュエリーを届けている。 活躍の幅は広く、メディアにも多数出演。