こんにちは!
スムージー部の呉です!


5月第4週のおすすめスムージーは、冷凍フルーツたっぷりのひんやりレシピにしました!


冷凍庫で常備できるフルーツメインなので、いつでも簡単に作って、冷やす手間なくそのまま飲めちゃいます◎


シャキッと目を覚ましたい朝に◎ベリーベリースムージー

◆材料(1人分)

・冷凍イチゴ:20g
・冷凍ブルーベリー:20g
・冷凍バナナ(常温でもOK):1/2~1本
・牛乳:150ml
・ヨーグルト:50~60g
・はちみつ:お好みで

◆作り方

1:バナナをミキサーのサイズに合わせてカットします。(3等分くらいでOK)
2:すべての材料をミキサーに入れて混ぜます。
3:仕上げにお好みではちみつをかけます。
 完成!


今回は、冷凍フルーツを使うことで暑い日にも美味しく飲める『ひんやり濃い味』にしてみました。
仕上げのはちみつは、甘みとコクを出すのに欠かせないポイントです!

スムージーの甘みを出すとき、『はちみつ派』『メープルシロップ派』『砂糖派』の方がいらっしゃるかと思いますが、本日はその中で『はちみつ』『メープルシロップ』の違いについてもご紹介します!
ぜひ料理の参考にされてくださいね♪


知らないなんてもったいない!はちみつ・メープル使い分けのコツ!!


料理に甘みをプラスしたいとき、

『とりあえず甘ければいいや!』
『なんとなくヘルシーそうなのを入れたらいいかな・・・!』

なんて理由で『はちみつ・メープルシロップ』を使い分けていませんか?
『はちみつ・メープルシロップ』の違いを知ることで、ワンランク上の料理やスムージーを作っちゃいましょう!

はちみつの特徴

出来上がるまで

名前の通り『ミツバチが採取した花の蜜』が原料です。
花の蜜が蜂の巣の中で貯蓄され、とろりとした琥珀色の液体になったものをはちみつと呼んでいます。

成分

ミネラルやビタミンが豊富で、100gあたり294kcalほどです。
甘みの元である糖分のほとんどは『果糖』と『ブドウ糖』です。

味や香り

原料が花の蜜なので、花や葉の香りがします。
商品によっては、果実と似た香りがすることもあるそうです!
味は甘みとコクがあり、クセはあまりありません。

はちみつは主張が強くないので、素材の味を生かしたいドリンクや甘すぎを避けたいおかずもの(からあげや煮物)と相性抜群です◎

メープルシロップの特徴

出来上がるまで

こちらも名前の通り『メープル(サトウカエデ)』という木が原料です。
樹液を沸騰させ濃縮させると、シロップが出来上がります。

成分

こちらは、カルシウムとカリウムを豊富に含んでいます。
カロリーは100gあたり256kcalほどで、はちみつよりは少しだけヘルシーなんです!

味や香り

メープルシロップは色によって味や香りが大きく変化します。
色が明るいものは上品な甘みと樹液の香りを楽しめますが、色がとても濃いタイプだと黒蜜のようなコクがあり少量でしっかり香りを感じられます。
明るい色のシロップはデザートソースに、濃いものは菓子パン生地などの香りづけ用に使うのがオススメです!


そして、今回のスムージーの場合は断然はちみつがおすすめ◎

✔元々甘みがあるスムージーなのではちみつが少量ですみ、カロリーを気にしなくてよい
✔はちみつならベリーと香りがぶつからず、フルーティーさだけを感じられる。

こちらの内容を考慮して、はちみつを選んでいます。

スムージー以外のお菓子作りや料理でも活用できます!
参考にしていただけると嬉しいです♪



最後までお読みいただきありがとうございました!

The following two tabs change content below.
スムージー部

スムージー部

通販サイト『美的ラボ』運営元である『株式会社FORDELソリューションズ』のスタッフがメンバーの社内サークルです! 皆で毎朝作っているスムージーを週1品ご紹介していきます♪