こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

こんにちは、朝井麗華です。
テレワークや外出自粛が続くと歩いたり運動する機会も少なくなり、体が凝ってしまいますよね。
今こそ家でのケアを習慣化させることが大切です。

今回は美乳を作る大切なポイントである「筋膜」についてお伝えします。


筋膜はあらゆる筋肉を包む全身タイツ

私たちの体にある筋肉や臓器は、すべて筋膜という薄い膜で包まれています。
鶏のささみを思い出してください。半透明のうすーい膜で包まれていませんか?

それが筋膜です。

この薄い筋膜が筋繊維を束ね、その束をまた束ね…..という形で筋肉を何層にも束ねています。
最終的に筋膜は腱に集まり、筋肉を骨に接続しています。
こうやって、筋膜は全身のありとあらゆる筋肉を包んでいます。

筋膜という半透明の全身タイツを着ているようなものですね。
ところが、筋肉をあまり動かしていなかったり、同じ姿勢でずっと負荷がかかると、この筋膜がよれて固まってしまうんです。
これがコリや歪みの元凶です。


筋膜が癒着すると、筋肉を動かそうとしても制限されてしまいます。
これでは、きつい全身タイツを着てしまったのと一緒。
動きが悪くなるからますます血液やリンパの流れが停滞し、筋肉そのものも硬くなり……という悪循環。
こうして、慢性的なコリが生まれるのです。

筋膜を緩めて、本来のキレイを

コリを根本から解消するには、この筋膜の癒着を整えなければなりません。
癒着がひどいほどに骨格の歪みも酷くなります。
けれど、筋膜の癒着がとれれば動きは驚くほどスムーズになるし、体のパーツも本来あるべき位置に戻れるんです。
乳トレを行うと体重が変わらなくてもバストアップできるのは、バストが本来の実力を発揮するから。


くっついたり縮んだりしている筋膜をゆるめること
それが乳トレのポイントであり、重要な第一歩なのです。

筋膜ゆるめをいざマスター!朝井流『つまみ』テクニック

まずは肩こり部分をケアしましょう!痛いけど効果は絶大!


01. 使うのは、親指と人差し指・中指・薬指のみ。
女性の細い指でも、コツさえ掴めば癒着した筋膜をゆるめられるようになる。

02. 肩こり部分をケアするなら、腰に手を当て、逆側の手で気になる部分をつまむ。
こった部分に親指をぐっと差し入れるのがポイント。

03. こり部分を掴み、ぎゅっと力を入れた状態を1分キープ。
癒着がひどい場合にはゆるまると「ボリッ」と音がすることも。


point
指でつまむ部分が少ないと、効果はイマイチ。
大きな筋肉をぐっと摘んで、不快ところからコリをほぐすようイメージして。


最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.

朝井麗華

朝井麗華 経絡整体師・美容家/株式会社キレイカンパニー代表 臨床検査業界を経て、アロマテラピーや東洋医学を学び、中国整体推拿(スイナ)療法の素晴らしさに目覚め、推拿をベースに小顔整体や筋膜剥離などを取り込んだオリジナルメソッドを確立。 ゴッドhand・カリスマと顧客やメディアから評されるテクニックが瞬く間にタレントや美容業界へ広まり、肩こり・腰痛等一般的な症状の改善は元より、美容面では”痩せるサロン”や”小顔サロン”等、実力はサロンとして数々のメディアで紹介され、予約4年待ちの『日本一予約の取れない整体師』と呼ばれている。 全身へのホリスティックな施術法を提供する中、バストケアメソッド『乳トレ』の理論や施術法の的確さから『おっぱい番長』とも称されるようになり、体験者は必ずバストに良い変化やボディにメリハリが生まれ、からだの調子もよくなるとの定評がある。 施術以外にも、プロ向けの技術指導やワークショップ、サロン監督、グッズ監修、美容研究に関するセミナーや講演会、書籍出版をはじめ、TV・ラジオ等多数のメディア出演で専門家としての講師業も行う。 著書に、8万部ベストセラーとなった『おっぱい番長の乳トレ』(講談社)をはじめ合計11冊(国内10冊・海外1冊)、累計18万部を持つ。