こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

今月のヨガ:ブジャンガー サナ

コブラのポーズのような後屈のポーズは、気持ちを前向きに、エネルギーを高める効果があります。
秋になり、気持ちが沈んでしまったり、不安を抱えているときは、背中が丸まり、猫背になりがちです。
そうなると、身体の全面が縮こまり、呼吸が浅くなり、心も閉ざされてしまいます。

気分がスッキリしない…
やる気が出ない…

そんな方にオススメのポーズです。

身体を動かすことで、心の詰まりも少し解消してみましょう。

効果
・背面の筋肉を整え、背中のラインを美しく整える
・腰痛の緩和
・バストアップ(大胸筋の強化)
・猫背の解消
・下半身のむくみ、冷えの緩和など
CHALLENGE
腰を反らせるのではなく、身体の全面を気持ちよく伸ばし、
胸を開いていくイメージでポーズをとってみましょう。
STEP1. 力を抜いて、うつ伏せからスタート。
両手を肩の位置(脇の横)にセットし、手のひらはしっかり開きます。
脇をしめて、肘は肋骨の方へ近づけるよう意識しましょう。
脚は腰幅程度に開きます。

STEP2. 息を吸いながら、手のひらで大地を押して、胸を持ち上げます。
この状態で、4~6呼吸キープします。
【吸う息】胸の前面を気持ちよく伸ばし、首は長く保ちます。
【吐く息】お尻・太ももの筋肉をキュッと寄せ合うように引き締めます。

STEP3. 息を吐きながら、1 のポーズにゆっくり戻ります。

ポイント
上半身だけで動かず、下半身を使うことが重要です。
足の甲と恥骨で、しっかりと床を押すことを意識しましょう。

・勢いや反動をつけて一気にポーズをとると危険です。
・恥骨が床から浮かないようにしましょう。
・肩を下に引き下げ、耳と肩の距離を遠くに保つように意識しましょう。

今回教えてくれたのは…
Keiko.(MELO)
難しく考えず、気持ちよくほぐして笑顔で過ごせる、そんなレッスンを目指しています。
ヨガインストラクター/全米ヨガアライアンスRYT200/日本ヨーガセラピスト/ラテン系ダンス&ボーカルユニットStilokramelo メンバー
ヨガスタジオ:Capital Juverson’s Yoga STD
撮影協力
ヨガインストラクターYoshiko
Laxmi yogaインストラクター
マタニティヨガインストラクター
最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
美的ココ編集部

美的ココ編集部

株式会社FORDELソリューションズのCRMチームが記事を投稿しています!