こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。

今月のヨガ:ウトゥカターサナ(椅子のポーズ)

季節の変わり目で体調を崩しやすくなる3月。
体調不良を予防するためには自律神経を整え、しっかりと休息をとることが重要です。
自律神経を整えるひとつの方法として深い呼吸をして横隔膜を刺激するのはとても効果的です。

ウトゥカターサナは運動効果もしっかりあり、深い呼吸にかかせない腹部組織の活性化もできる一石二鳥のアーサナですので、ぜひやってみてください!

≪身体面の効果≫
・下半身の強化
・腹部組織の活性化
・偏平足の改善



CHALLENGE

1:母指球、小指球、かかとの3点でしっかりと床を捉え、タダーサナをとる。
 天井方向に手を上げる。
 肩が上がらないように、吐く息で肩の力をすとんと抜く。

 手をまっすぐ上げると肩が上がってしまう方は、手の位置を少し下げても◎

 腰が反らないように腹筋は抜かずにキープする。
 目線はまっすぐ。


2:腰を曲げて椅子に腰かけるようにお尻を下げていく。
 かかとに重心がかかりがちですが指の方にも体重を移動させ、3点でしっかりとマットを捉える。

 腰が反らないよう、腹筋の力は保ったままできるところまでお尻を下げてく。


※背中や腰を痛めている場合は主治医に確認の上ポーズをとってください。
 妊娠中の方は骨盤を圧迫するため避けてください。
(体調をみながら、ベビーコブラやスフィンクスのポーズにチャレンジすることをオススメします)



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
koyuki

koyuki

koyuki どなたでも安全で効果が出るレッスンを心がけています。 全米ヨガアライアンスRYT200/スタジオゼロティーチャーズトレーニングRYS200終了 筋膜リリースヨガ認定指導者/BCY認定乳癌ヨガセラピスト