こちらの記事は、BITEKI LAB letterより抜粋しております。
BITEKI LAB letterに関しては【こちら】をご覧ください。



あけましておめでとうございます!
2019年になってしまいましたね。
今年は、元号が変わるという大きな変革の年になりますね(^^)

からだも必ず変わります、疲れやすいからだを変える!!
弛んだからだを変える!!!
意識を変える!!!

からだが変わると自信がつきます!
2019年を『自分革命』の年にしてみませんか?


健康でむくみにくく、痩せやすくなるには、めぐりとホルモンバランスの良いからだになるしかありません

巡りの良いからだとは、血液とリンパ液が正しく流れている状態です。
人は皆、血液もリンパも流れてはいるのですが長年の生活の中で、血液がドロドロになり血管が脆くなったり、からだの締めつけやハイヒールなどでリンパ液が通る道筋が滞ったりしているわけです。

それが原因で足が浮腫んだり、太りやすく痩せにくくなったり、冷え性になったりします。

そうなると、疲れやすい、起きた時からキツイ、怠い、やる気が出ないなど、病気ではないのにからだがキツイ、元気がないという、いわゆる『未病』と言われるからだになってしまっています。


『未病』改善で疲れにくく、太り難いからだへ

『未病』とは、『未だ病気になってはいないけど、病気のような症状がほぼ続く』というものです。
この時細胞は相当酸化していますので病気へのリスクはかなり高くなっていると思ってください。
逆に言えば、そこを改善していけば、疲れにくく、太り難いからだに変わっていくという事なんです。

誰だって辛いからだより軽くて楽な方が良いですよね?


どんな事をしたら楽なからだになれるの?

何より意識改革が大事です。
大げさな事ではなくちょっとだけ生活の習慣を意識的に変える努力をしてみると気付いたら改善してた~って感じです。

何にしても継続が大事です!

例えば、朝起きたら飲んでるコーヒーを、お味噌汁に変えてみる。
これだけでもからだは変わっていきます。

お味噌汁ほどからだに良いものはないんです。

味噌文化の日本人はラッキーです!
ワカメなどの海藻類やキノコ類お豆腐などで具沢山味噌汁、ベストな食べ物です。
でも作るのが面倒な方は、お椀に出汁、液体味噌、乾燥の具、を入れてお湯を入れたら直ぐにお味噌汁ができます。

また、小腹が空いたなーという時も、簡単味噌汁を作って食べるようにすると、糖質、脂質、カロリーの少ない小腹対策になりますし、知るよう寒天麺やご汁の素など乾物で高タンパク低カロリーの具材を入れるとお腹持ちも良く、腸の活動にも良い働きをもたらします。


今月の簡単ストレッチ

背中や脇腹を伸ばして背筋をシャン!

1:両脚を肩幅に開き両手を真っ直ぐ上に伸ばす。

2:息を吐きながら、右にく~っとからだを曲げて静止10秒。
 息を吸いながらゆっくりからだを真ん中に戻す。

3:2と同様に左にく~っとからだを曲げて、静止10秒。

4:息を吸いながら起立状態に戻す。
 左右5回ずつ。

5:起立状態に戻したら、両手を伸ばしきった状態で指を組み、両腕を頭の後ろにぐーっと引く。
 静止10秒、これも5回。


上半身が伸びてスッキリしますよ(^^)
デスクワークの合間などに是非お試しくださいね♪



最後までお読みいただきありがとうございました。

美的ラボショッピングサイトにも、ぜひお立ち寄りくださいね♥

<<美的ラボ公式サイト>>

The following two tabs change content below.
せさき清香

せさき清香

からだ職人 せさき清香 私が『からだ職人』と呼ばれる由縁は、ただ、エステベッドに寝てるだけで、変わっていくからだ造り!にあるのです。少々痛いですが…(笑) ついでに、『からだも軽~くなった~』と言われます! ミスユニバース日本グランプリや、ミス日本吸収グランプリをはじめ、数々のミスコンテストでの入賞者のボディラインや美肌を造ってきた、『からだ職人 せさき清香』は、腕一本、オールhandで、ボディの減り張りを造ってきました。 外からのボディライン造りはプロの手に任せる!これが結果的に一番確実でローコストなんですよ。